水素水がビタミンCより優れている理由が3つあります

MENU

ビタミンCよりも優れている理由とは?

ビタミンCよりも水素が優れている理由は、3つあります。

  • 活性酸素を効率的に除去できる事
  • 水素が宇宙一小さい分子である事
  • 水素には拡散性があるという事

この3つの働きがあるのが水素が効果的だと言われている理由です。

 

活性酸素を効率的に除去できる事

水素は、活性酸素を除去するのに一番いいです。
ビタミンだと善玉活性酸素も除去してしまう事がありますが、水素は、悪玉のみを取り除くことが出来るのが一番です。

 

悪玉活性酸素は除去

 

悪玉活性酸素を水素程効率的に除去できる物質はないんです。

 

水素が宇宙一小さい分子である事

水素は、宇宙一小さい分子と言われています。
宇宙一小さい分子であるから、体中に水素が行き渡る事が出来ます。

 

ビタミンCと比べても明らかに小さい分子になっています。
水素水が販売されていますが、何も加工していない物に入れている場合は、水素は通り抜けてしまいます。
だから、各社水素が抜けないように工夫をしているわけです。

 

しかし、市販の物はかなり危ないのできをつけた方がいいですよ。

 

まら、水素分子が小さい事で普段抗酸化物質がいく事ができない卵巣や脳にまで水素がいく事ができます。

 

水素がめっちゃ小さい

 

水素は小さいからどこにでも行く事できますが、ビタミンCでは異物だと判断されていく事が出来ません。

 

活性酸素は身体中から発生するので、ビタミンだと特定の場所しか効果がないですが、水素だと身体中の悪玉活性酸素を除去することができるわけです。

 

一部分だけでは、あまり効果を感じる事ができませんが、それが全体の活性酸素を取り除けるのは大きい働きなわけです。

水素には拡散性があるという事

水素はめっちゃ小さい分子で身体のどこにでもいく事が出来ます。
しかし、分子が動かないことには全体に行くわたるのは難しいです。

 

水素には、拡散性という特性をもっていて、あっちこっちに移動します。
この特性もあって、水素水をペットボトルに入れた場合は、抜けてしまうわけです。

 

この拡散性のおかげで、上に行くので脳にも水素がいく事ができて悪玉活性酸素を除去できるわけです。